完璧ではない避妊を高める方法

指

セックスをおこなう上で膣外射精(外出し)はとても危険です。避妊をするのならきちんとコンドームを着用しましょう。コンドームを着用していても妊娠をしてしまう可能性はゼロではないように、アフターピルの服用をおこなったとしても妊娠をしてしまう可能性はゼロではいのです。コンドーム着用でも妊娠してしまう理由の1つはコンドームの破損です。決して珍しいことではなくこれで妊娠をしてしまった事例がいくつもあります。
避妊は100%ではないということです。そんな時の為にアフターピルを持っておくことが安心です。しかしながら、アフターピルでも防げない妊娠があります。例えば、服用が遅かったことや、セックス相手との相性も大きく関係してきます。セックスの相性がいいとアフターピルを服用おこなったのも関わらず妊娠してしまうことも少なくありません。

コンドームを着用する

コンドーム相性がいいと余計に妊娠をしてしまう可能性があるので妊娠を望まないのであればセックスの際はしっかりとコンドームをつける、もしくは危険日のセックスを避ける必要があります。
また、避妊に失敗したらすぐにアフターピルを飲むことが大切なのです。服用しても妊娠を防ぐことができない場合もありますが、すぐに服用することによって避妊成功率は明らかに高確率で成功するでしょう。

低用量ピルという選択肢

アフターピル以外にも避妊をしてくれる方法として低用量ピルがあります。アフターピルは緊急の場合に用いられる避妊薬で急ぎの避妊には効果的ですが、低用量ピルは毎日の服用で避妊をしてくれます。アフターピルのような即効性はありませんが、継続して服用をすることが妊娠を防いでくれるカギと言えます。しかし、服用を忘れてしまうと妊娠をしてしまう確率もありますので忘れずに毎日服用することが大切です。