アフターピルと低用量ピルを知る

アフターピルと低用量ピルを比較する
避妊をする上で大切なのは自分に合った避妊の仕方です。毎日決まった時間に低用量ピルを飲んでいても、飲み忘れが多かったりすると妊娠をしてしまう可能性がありますし、アフターピルを何度も短期間で使うのは体にとても負担が掛かってしまうためおススメすることはできません。

また、副作用が怖いと言ってアフターピルを備えているにも関わらず服用しなければ避妊はできませんよね。では自分に合った避妊の仕方はどのように見極めればいいのでしょうか。

アフターピルはいざという時の備えに

アフターピルを使うにあたり注意していただきたいのはアフターピルを常習しないことです。アフターピルは体のホルモンを大きく乱して避妊をする最終手段なので何度も服用してしまうと体にとって大きな負担が掛かってしまいます。

アフターピル使用のポイントとして

通常はセックスをする際にコンドームを着用し、コンドームをしたのにも関わらずゴムに破損が見られた場合や、避妊をしていたか定かでない場合に使用しましょう。また、アイピルと言った副作用が抑えられたアフターピルもあるので副作用が心配な女性も安心して使うことができるでしょう。

低用量ピルは避妊を継続的に続ける女性向け

低用量ピルは毎日の継続で避妊が出来る
低用量ピルの飲み始めは避妊効果がありません。というのも低用量ピルの成分はアフターピルよりも少量で毎日決まった時刻に服用しなくては避妊効果が得られないのです。低用量ピルの避妊効果が出てくるのは1週間後です。その間はしっかり避妊しなくては妊娠してしまう可能性があります。

また、低用量ピルは服用を停止してしまうと妊娠してしまう可能性があるので毎日服用することが大切です。
しかし、低用量ピルのメリットとして生理周期を整えて、生理痛を緩和させてくれる効果があるため、生理不順の女性に治療薬としても使われています。

低用量ピルの使用ポイントとして

生理不順やパートナーなど定期的にセックスをおこない避妊の必要がある女性やコンドームを着用しない相手とのセックスの時に使用すると良いでしょう。